FC2ブログ

大佐、おにんにんが萎えたお

一日断酒

非実在青少年規制への回答としての「わぁい!」創刊

買いました
Nという街で

ブルマ風の何か被って遊んだりもしましたが

なりたい派と鑑賞?派を無理矢理合体させている気が
これはこれで面白いんですが

MOOKにして、「なるにはBOOKS」的な指南書wと、
「男の娘大全」的なものを出したほうが良かったように

ただ、全体の作りを見ると、BUGBUGとか剛田を思わせる
テイストもあるんですよね
ひょっとして、これは業界からのメッセージなのかと勘繰りたく
今後はこういう路線のラインも設けますよ、という

個人的には、クロイズでも、女体化入れなければ、
それなりに行ける気がするんですよわっちゃあ

明日は普通に労働
土曜は休み

スポンサーサイト



2010年05月05日 トラックバック(0) コメント(2)

TKってヒンディーだとOKってことなんだよね

ちなみに子会社でピアノ線作ってます
(鋼線の上に銅線巻いた奴)


まあなんだろうね
スタート地点が外部環境で左右されることの不条理
そもそも運ゲーであること、
社会権と生存権の混同とか、
階級と階層の峻別とか
社会状況、購買力平価を無視して一律に比較することの愚かしさ、

言いたいことは沢山ある

個人的には"noblesse oblige"、
そして他者への想像力-古典や家族の中で涵養されるべき-の
欠如に帰結したいところですが


まあ、人間一人の経験なんて小さなもの、とだけ
お前はどれだけ偉いのか、ばーか、と
それは、自分にも跳ね返る言葉ではありますが


2010年04月29日 トラックバック(0) コメント(1)

なぜわっちは上司に詰められているのか

>面倒なのと電池切れ寸前ゆえでブログに書く。
とか宣言したので

誰も読まないと思うが
課長の持論は女を知らない奴は幅が狭い

ステージ1:会議後1軒目の居酒屋

課長「お前幾つなんだっけ?」
わっち「今日で26ですね」

課長、急に真顔で
「お前約束あったりしたりしないのか?女とか」

わっち「いやそんなの無いですよw平日だしwww」と返すと、
まだ彼女はいないのか、大学時代は、と、やけにしつこい

ループになりそうだったんで「いたことないですよはッは―」と答えてみる

と、でも童貞じゃないよな、と切り返す課長
変に話を作っても面倒なので、いえ、経験ありませんよ、と

すると、それはまずいな、女を知らない奴は奴は人間の幅が狭い云々とのたまう
茶化してみると、いや、これは真面目な話だから、と、説教モードwwwwww

とりあえず電車に乗って途切れる

ステージ2:ラーメン屋
ねむくんバリにラーメン食おうぜと言い出す課長
正直酒なら入るんだが、と思いながら同行

で、席に着くなり再開
まあ、酔っ払いのセリフなんでループなんですが、まとめると

・風俗でも何でもいいからとにかく経験してこい
・行くなら風呂屋
・なんでその身長を無駄にするのか
・男が攻めずとも良い(行為的な意味でなく)
・親、特に母親が泣くぞ


まとまってないwwwww
まあ、いい会社ですね

2010年04月21日 トラックバック(0) コメント(0)

湧いてる?

これで遊んだ

最初の質問「森か林か」は、あなたの性格の性別を現しています。
「森」を選択したあなたは、「女性的」な人です。

2つめの質問「塀の高さ」は、あなたのプライドの高さを現しています。
あなたの答は 2540 メートルでした

3つめの質問「椅子の数」は、あなたの理想とする「家族の人数」を現しています。
あなたは 3 人家族を理想としているようです。

4つめの質問「助けてくれた知人」は、あなたにとって便利な人物を現しています。
あなたは ローマ法皇さんをベンリー君だと思っているようです。

5つめの質問「橋の向こうから来た異性」は、あなたの「運命の人」を現しています。
宮下さんさんは、あなたにとって運命の人のようです。

6つめの質問「数本の木」は、あなたの「敵の数」を現しています。
あなたには 1000 人の敵がいます。

7つめの質問「乞食」は、あなたがどうやっても越えられない偉大な人物を現しています。
あなたは、心の奥底で ベングリオンさんをとても尊敬しているようです。

4がわけわからんだろ
ローマ法王をパシらせる無宗教徒wwww
6はスルーで


一応言っとくとJewではないです

2010年04月15日 トラックバック(0) コメント(1)

みぎ ひぎぃ


おかんが受け取ったでござるの巻
いろんな意味で重し

とりあえず送り主が二郎XX店開業したら小脇に抱えてこうかな、と

もう片方は衝動買い
やってしまった感がありますが

でも4月から8月まで毎月末お人形が届くのに比べれば普通

2010年03月24日 トラックバック(0) コメント(0)